1. HOME
  2. イベント
  3. 製薬企業関連
  4. 製薬企業における品質リスクマネジメントセミナー【第2回】

製薬企業における品質リスクマネジメントセミナー【第2回】

【ビデオ・VOD販売:PowerPoint資料付】

ライブ配信セミナーは終了しました。
セミナーを見逃した方はこちら
  


【セミナー資料ダウンロード】

※資料につきましては、配信の2日前からダウンロードが可能です。

セミナーテキスト(pdf縮小版:印刷不可)はこちら
無料 – 購入

セミナーテキスト(pdf版:印刷可)はこちら
¥1,000 – 購入

セミナーテキスト(PowerPoint版)はこちら
¥3,000 – 購入


講演趣旨

製薬企業にとって、リスクを管理することは非常に重要です。しかしながら、リスクマネジメントは難解です。 
医療機器業界では、欧州が先行し、90年代からIOS-14971が制定されました。 
しかしながら、医薬品業界は、2005年にICH-Q9「品質リスクマネジメントに関するガイドライン」が合意され、翌年から本邦においても施行されています。 
つまり20世紀は製薬業界において品質リスクマネジメントの概念がないまま、要員の経験と勘でリスクが管理されてきました。
品質リスクマネジメントは、特定の部署だけが対応したり、手順書を作成するだけではありません。 
研究開発、臨床開発、製造販売後、流通、申請、査察にいたる製品のすべてのライフサイクル全般について、すべての部署がそれぞれの手順にリスクマネジメントの概念を取り込まなければなりません。 
そのためには、品質リスクマネジメントの基本的な考え方と規制当局の期待を十分に理解しなければなりません。
本セミナーでは、難解なリスクマネジメントを初心者にもわかりやすく解説いたします。


講演内容

1.ICH-Q9逐条解説
2.FMEAとは
3.SOPの改訂
4.FMEA実習

 


  
























 

    


 

| 製薬企業関連