1. HOME
  2. イベント
  3. 医療機器企業関連
  4. 製薬・医療機器企業におけるCSV基礎実践セミナー

製薬・医療機器企業におけるCSV基礎実践セミナー

このセミナーは、【Live配信(Zoom使用)受講】もしくは【アーカイブ配信受講】が選べます。
※アーカイブ配信は、Live配信(Zoom使用)で収録した当日の講演動画を編集し、後日視聴いただく形式になります。

 【Live配信受講者 限定特典のご案内】 

当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。

クラウド利用におけるCSVおよびデータインテグリティの基本理解と、オンプレミス環境とは何が異なり、何を注意・対応していけばよいのか。
その留意点と対応アプローチをわかりやすく解説!

【得られる知識】
・クラウドとオンプレミスの違い
・CSVの基礎
・クラウド利用のCSVアプローチ
・データインテグリティ対応のポイント
日 時 【Zoom受講】 2022年6月20日(月)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年6月30日(木)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
受講料(税込) 49,500円    
定価:本体45,000円+税4,500円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額24,750円)】
※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。 会員登録について
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
(申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※その他の割引の併用はできません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料35,200円 定価:本体32,000円+税3,200円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 なお、本システムのお申し込み時のカート画面では割引は表示されませんが、
上記条件を満たしていることを確認後、ご請求書またはクレジット等決済時等に
調整させて頂きます。

ポイント還元 誠に勝手ながら2020年4月1日より、会員割引は廃止とさせて頂きます。 当社では会員割引に代わり、会員の方にはポイントを差し上げます。 ポイントは、セミナーや書籍等のご購入時にご利用いただけます。 会員でない方はこちらから会員登録を行ってください。
特 典 当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料 Zoom配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
   (開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)
アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信 ①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備 考 ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
本セミナーはサイエンス&テクノロジー株式会社が主催いたします。
   
   
株式会社 RYSアソシエイト  専務取締役
鈴木 佳子氏

【講師紹介】

日本電気(株)に入社後、主に製薬・医療機器メーカー、医療法人等向けのGxP/非GxP対象システムの開発、パッケージシステム・クラウドサービス提供等のプロジェクトマネジメントに従事。2006年からCSV、ER/ES対応のコンサルティングを兼務。
2017年から(株)RYSアソシエイトにて、規制対応コンサルティングに従事。製薬・医療機器メーカ、医療法人、医薬品物流、ソリューション/クラウドサービス提供社向けに、CSV、ER/ES、データインテグリティ、サプライヤオーディット等、コンサルティングを実施中。

【業界での関連活動】
ISPE/GAMP Japan Forum オフィサ
クラウドサービスを利用するにあたって、従来のCSV、データインテグリティ対応が適用できないケースが増えています。本セミナーでは、クラウド利用におけるCSVおよびデータインテグリティの基本理解と、オンプレミス環境とは何が異なり、何を注意・対応していけばよいのか、その留意点と対応アプローチをわかりやすく解説します。
1.クラウドシステムとは
 1.1 クラウドの定義
 1.2 クラウドの特長
 1.3 クラウドのサービスモデル

2.GxPシステムにおけるクラウド留意点
 2.1 CSVとは
 2.2 オンプレミス環境とクラウド環境の違い
 2.3 クラウドサービス利用の際の留意点

3.クラウド利用時のCSVアプローチ
 3.1 クラウドの利用パターン別アプローチ
 3.2 規制対象企業が整理しておきたいクラウド利用の考え方・方針
 3.3 クラウドサービス提供社の確認ポイント

4.クラウド利用時のデータインテグリティ対応のポイント
4.1 データインテグリティとは
4.2 データインテグリティ対応のポイント
4.3 クラウド環境のデータインテグリティ対応ポイント

5.こんなとき、どうする?

6.質疑応答

| 医療機器企業関連